「医学英検」について

「医学英検」という資格試験があるのをご存知でしょうか。実施している期間は、日本医学英語教育学会(東京都新宿区、大井静雄理事長)という組織です。第1回目の試験が2008年4月13日に実施されています(579人が受験)。私も初耳なので、この試験の詳細を把握していませんが、試験の目的が、「医療現場での英語の運用能力を評価する」ということだそうです。

1級から4級までの等級が設定されており、初回は3、4級の試験のみが実施されたようです。

第2回目の試験は、2009年6月頃の予定だそうです。受験資格は、規制はないので、医療従事者や教育関係者、学生でも受験できるそうです。検定料金は、公開されていません。

同学会のホームページを見たのですが、試験問題の作成に関して、テスティングの専門家がどのように関与しているかは、わかりませんでした。それぞれの級の設定基準も見当たりません。まだ、新しい検定試験なので、これから充実化を図る予定なのかと思います。私が、試験問題作成者だったら、級の設定は敢えてせずに、TOEIC試験の医学分野バージョンのような問題形式にすると思います。

具体的な資料に乏しいので、資格試験としての完成度は、判断しかねますが、このような資格試験が誕生したことは知っておいても良いと思います。[日本医学英語教育学会ホームページ

Advertisements

Protected: 看護1年(7月15日)英語の試験結果について

This content is password protected. To view it please enter your password below:

看護1年(7月15日)定期テスト

今日は午後から英語のテストです。しっかり準備をしていれば恐れることは何もありません。質問によっては、解答の仕方を詳しく指示しているものがありますので、指示を良く読んで慌てず解答してください。
You will be sitting for the English examination this afternoon. Nothing to be worried about if you have done your revision properly. At the examination, please read the instruction(s) for each section or question. Calm yourself down and get on with answering each question. Good luck!

看護1年(7月9日)補講の感想

今日は午前中2コマの補講でした。7月15日に行うテストの対策と出題形式について、具体的な演習を通して体感して頂きました。これで、準備はしっかりできるものと確信しています。講義中何度も繰り返しましたが、問題のサンプル=実際の出題問題と勘違いしないで下さい。各ユニット毎に出題方式が決まっていますので、それに準じて漏れなく復習しておいてください。
Today we had make-up lessons in the morning. The course examination is going to be held on 15 July, and in today’s lecture I have shown you some sample questions for each unit we studied so that you would know in advance what you are expected to do during the examination. I am quite sure now that you have fully understood what you are supposed to do for the revision. As I have repeatedly said, do not presume that the sample questions are all that are going to be asked in the actual examination!!! You should revise each unit thoroughly based on the question type for each unit I have mentioned today. Good luck with your examination!

Protected: 看護1年(7月9日)補講資料

This content is password protected. To view it please enter your password below:

Protected: 看護1年(7月7日)講義資料

This content is password protected. To view it please enter your password below:

看護1年(6月30日)付箋の解答

ゲルマニウム(英語発音は「ジャーマニウム」に近い音)の「効用」に関する問題です。プレゼン資料の8ページにある、付箋紙で隠れた答えは以下の通りです。
What follows are the answers on page 8 of the presentation file, revising the merits of taking Germanium. Behind the sticky notes, the following one to seven are hidden:

  1. Improve mental alertness (精神的敏捷性)
  2. lower high blood pressure (血圧降下)
  3. act as a potent anti-inflammatory (抗炎症剤)
  4. raise endorphin levels (エンドルフィン濃度)
  5. rapidly stimulate interferon production (インターフェロン産生)
  6. supress tumors in animal experiments (腫瘍の成長を抑制)
  7. boost the immune system (免疫系の強化)