4月8日の講義について

こんにちは!

本日、第1回目の講義があります。最初の10分程度は、大ホールで説明会があるようですが、その後教室に移動して着席しておいてください。勝手に帰ることのないよう、宜しくお願いします。特に、言語の受講生は注意してください。

皆さんに会えるのを楽しみにしています。

Advertisements

Belated Happy New Year!

このブログで縁のできた皆様、今年も宜しくお願いいたします。

昨年同様、今年1年間も凄い勢いで、パラダイムシフトが進んでいくことと思います。

教育、ビジネス、社会生活などにおいて、従来の価値観ややり方が通用しなくなってきている中、新たな海原に向ってしっかりとしたマップを手に漕ぎ出していきましょう。

走りながら、創造的に考えることのできる人が、次の時代の成功者(定義にもよりますが)になれると確信しています。

ご無沙汰していました

To anyone reading this particular blog:

I know I should not be making any excuses for nor have updated my blog recently; well blame it for the unusual hot summer this year as well as other things such as my translation work and some research projects which have been occupying me for some time.

Anyway, from today onwards, I have decided to be back to my blog on a daily basis.

Cheers!

Hide

口蹄疫=Foot and Mouth Disease

イギリス留学中の1980年代にこの病気のことは知っていました。臨床獣医学関係の翻訳もこなしていた時期であったため、この病気の怖さは、獣医師ほどでないにしても、一般の人以上に理解していたつもりです。

この病気のやっかいなところは、病原菌の感染力が非常に強いため、「発症するまで取り敢えず見守ろう」と日和見的な対策をしていると、ウイルスがあっというまに伝染してしまうことです。ですから、牛一頭でも感染例があれば、その母集団はすべて焼却処分するしかないのです。そうしないと、感染する牛や豚がネズミ算式に増えていき、対応不可能になります。

英語表現:

口蹄疫: foot-and-mouth disease (FMDと省略されることが多い)

原因:cause of the disease

病原体: pathogen

口蹄疫ウイルス: *Picornaviridae *Aphthovirus

*Picornavirus =  直訳すると、’small RNA virus’ という意味。

*ギリシア語の aphtha– 「小水疱」という意味に由来。

農林水産省の「口蹄疫」に関するより詳しい説明は、ここをクリック

Protected: 1月23日講義資料-情報1年・2年

This content is password protected. To view it please enter your password below:

Make-up Lecture on 23 January

Please note the following about the extra lecture held on 23 January 2009:

Time: 9:00-10:30 (First Year), 10:40-12:10 (Second Year)

Place: Room 601 (Our usual room on Fridays)

Homework: Bring your draft(下書き) of the essay ‘Pros and Cons of a mobile phone’ to the class!

Ideally, the draft should be in English, but the Japanese version would do to start with.

Protected: 1月16日講義資料-情報1年

This content is password protected. To view it please enter your password below: