異質なものへの適応(2)

これも私の仮説だが、英語が上級レベル(英検1級、TOEIC980点、国連英検特A級)までマスターした人は、最終的に英語に対する拒絶反応を抑え続け、マスターすることに成功した人であると言える。この種の人たちは、長期間、粘り強く、異質な外国語である英語に対して、働きかけ続け、英語に対する柔軟なアプローチができた人たちであると言い換えても良いだろう。

今後10年間で、日本とアジア諸国の間で、人・物・情報の交流が飛躍的に活発化することを考えると(必然の流れだと思う)、異質な者に対するコミュニケーション能力の大切さは、強調してもし過ぎることはない。最終的には、アジアで一番経済的な力のある国の言葉が共通語になる可能性が高いと思うが(この点で中国語のポテンシャルは高いかもしれない)、初期段階での共通語は、恐らく「英語」になると私は見ている。なぜなら、アジアには欧米に留学した人が多く存在するからだ。

またも、話が脱線した。本論に戻そう。

これも私の仮説であるが、視野の狭い人間や、偏狭な心の持ち主は、恐らく英語がマスターできないかもしれない。英文法などの勉強で、難解で訳が分からなくなって、英語を物にすることをあきらめるタイプの人はこれに該当すると思う。日本語の発想で英文法がすっきりと理解できないときでも、「英語ってこんな言語なんだ」と妥協する精神的な余裕も必要であると思う。とにかく英語の学習マラソンコースを走り続けている内に、分かる日が来るかもしれない、と考えることが大事である。

特に英語の文法や語法が、腑に落ちないときは、焦っては駄目である。つまり、あまり深追いせずに、「取り敢えず、これはこう言うことか」と流しておくことも必要である。場合によっては、丸暗記でそのまま「丸飲み」しても構わない。英文法に関しては、新鮮な疑問を長期間保ち続けながら、少しずつ異質な英語を取り込んでいく努力が必要だと思う。一度ですべての疑問が解消すると思わない方が安全なのである。英語を本格的に読んだり、書いたりするときが来て、はじめて納得できる語法や文法事項もあるのだから。私の場合、そうであった。

一例を挙げよう。

私は、過去おびただしい数の英語の契約書を日本語へ翻訳してきた。その中で、助動詞として知られる ‘shall’ と ‘may’ のニュアンスと使い方がしっかり身に付いたような気がする。また、大学時代の講義でたまに出くわした、堅苦しい表現(hereby, therefore, thereafter, whereby, hitherto, notwithstanding など)も英語の契約書を通して、その使い方や意味が本格的に体得できたような気がする。これらの単語は、英和辞典だけ意味だけ分かっていても、使えるようにならなかったと思う。

初対面の人のすべてが一度に理解できないのと同じように、日本語が母国語の人にとっては、英語の正体も長年付き合ってみないと分からないものなのだ。DNAが違うのだから当然である。英語の新しい語彙、語法、文法現象、表現に出会ったら、まとまった期間追跡しながら、観察することが大事である。だから、英語の学習者は、せっかちな性格でない方が良いと思う。これは、声を大にして言えないが、初級および中級学習者では、英語に対して完璧主義者でない方が良いと思う。

個人差もあるだろうが、通常は、自分で表現したいことが英語である程度まで話せたり、書けたりするようになるまで、数え切れないほど失敗を繰り返しているはずである。私もそうであった。英語の文法や語法で挫折する度に、「英語って面倒くさい言語だ。何で日本語の発想やロジックと同じでないのだろう。」といじけたこともあるし、「英語には『西高東低』のようなコンパクトな表現がない。駄目な言語だ!。」と勝手に得意がっていたこともあった。

私の場合、今でも、英語に対する異質な感覚は完全に消えたわけではないが、かなり違和感は低くなってきているような気がする。大学生の頃から、20年に以上も英語と付き合ってきているせいかもしれない。8年間のイギリス留学で、英語という言語のDNAを構成する要素となる、イギリスの文化や社会、歴史や政治、風土、食文化、ユーモア、人種などを身をもって経験することで、私なりに英語という言語が持っている臭いというか、感覚が身に付いてきたのかもしれない。

外国語である英語をマスターすることで得られるメリットはたくさんあるだろうが、私が特にお奨めするメリットの3つは、以下に要約できる:

(1)「じっくりかつ粘り強く、物事を極めていく方法を体得できたこと」

(2)「固定観念に縛られず、すべての現象を柔軟に解釈しようとする精神構造が身に付いたこと」

(3)「グローバル規模で物事を捉えることができる、複眼的な思考回路ができたこと」

この続きは、次の投稿で述べることにする。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: