複数形でも単数扱いの名詞-’A shambles’=「大失敗」に注意!

先程、読書の合間にパソコンで教材資料の整理をしているときに、ある台詞が頭をよぎりました。私には、何か理由もなく、過去耳にした英語の熟語や表現が突然頭をよぎることがあります。この「shambles」ですが、どこで聴いたかは覚えていません。ひょっとしたら、BBCか何かのドラマだったかもしれません。そのフレーズは、’It was a complete shambles.’ のような感じでした。意味は、「それは、大失敗だった。」位でしょうか。手元にある、英英辞典「ロングマン現代アメリカ英語辞典」では、以下のように定義してあります。

shambles: [singular, U] an event or situation that is a complete failure because it has not been well organized or planned.

この定義からお分かりの通り、この単語は複数形の形を取っているのに、「単数扱い」になっています。だから、見掛けの綴りから「複数形の名詞」と勘違いしないことが大切です。注意してください。

この単語を使う状況例としては、以下は如何でしょうか。あなたが、英語のクラスでプレゼンテーションをすることになっていたとします。しかし、発表前の準備をおろそかにしていて準備不足気味、発表当日は用意したプレゼンファイルが壊れていることが発覚!、そして肝心のプレゼン用原稿も寝不足で自宅に忘れてきたので、あわててメモ程度のものを作成して、プレゼンテーションをしたところ、しどろもどろで担当教授はしらけていた....。

プレゼン終了後、お昼ご飯を取りに学食に行った所で、別のクラスの友人と会ったとしましょう。以下は、そのときの短いやり取りです。

友人:Hello, Takuya. What is wrong with you? You look rather upset.

拓也:Well, it is the presentation I have just made. It was a complete shambles. I definitely think that I am going to get ‘F’ for my grade this term. I am going to quit the course for this term, and start all over again with a different teacher!

友人:Oh, I am sorry to hear that, but don’t you think, first, you should go and have a word with your professor before you make up your mind about quitting the course? Maybe he is kind enough to give you a second chance for your presentation.

拓也:I suppose you are right. I should not make such a hectic decision on the course. Thanks, now I feel much better! Let me buy you lunch today!!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: