英語をマスターするには、年齢は関係なし!

私が所属する学会(JALT)からの機関誌の7月号に興味深い論文がありました。名城大学のPaul Wicking 先生の投稿された論文なのですが、英語の上達と年齢に関する考察の中で、成人の英語習得について興味深い指摘がありましたので紹介しておきます。結論から言うと、「成人してからでも、発音とアクセントは除いて、非常に高度なレベルにまで英語の技能を身に付けることはできる」ということになります。要点だけを述べると、以下の通りになります。 

(1)大人と思春期前の子供とでは、英語を習得するのに必要とされる学習方法および環境が異なる。 

1 幼児期から思春期前までの子供の場合、英語環境で自然に英語を習得させることが可能です。いわゆる、イマージョンと呼ばれている学習方式がこれに相当します。この時期の子供は、明示的に英語の発音規則や文法などを教えなくても、「自然に」英語を身に付けていきます。1 思春期を過ぎた大人の場合、イマージョンだけでは、英語を高度なレベルにまで身に付けることはできません。でも、がっかりしないでください。前述の論文によると、成人の場合、英語の単語のスペル、発音、表記規則、文法、構造、統語論などをレッスンによって「明示的に学ぶ」必要があるそうです。つまり、大人の場合、英語の学習方法が、より論理的・分析的になると言っても良いでしょう。しかし、語彙および文法に関しては、思春期を過ぎてから英語の勉強を始めても、高度なレベルにまで伸ばすことが十分可能です。ですから、あせって幼年期から英語を勉強する必要はありませんし、させる必要もありません。幼年期から英語を勉強し始めるメリットは、(2)で概略を紹介します。  

(1) Between the adults after the onset of puberty and the younger children before the onset of puberty, different learning approach and learning environment are required for acquiring English.  

 

1  Almost any children up until puberty can acquire English with relative ease by immersing themselves in the environment where English is used and spoken daily as the first language. This is generally called ‘immersion’ approach for acquiring English. It is widely understood that children up until the onset of puberty can master English ‘naturally’ without going through any explicit formal learning of the rules of English pronunciation and grammar.  1  For the adult learners after the onset of puberty, attaining a higher level of English proficiency is simply not possible just by immersing themselves in English all the time. However, there is no reason for them to despair! According to the article, the adult learners just need explicit learning of the spelling, pronunciation, grammar and syntax of English language through rigorous English classes. So for the adult learners of English, more logical and analytical approach to the structures of English language is necessary to get a grip on it. Unlike the acquisition of pronunciation and accent, as far as English vocabulary and syntax is concerned, attaining high level of English proficiency is quite possible even for the adult after the onset of puberty. Therefore, there is no need to start teaching English to the younger children. Neither is there any need to send your sons or daughters to one of these early English learning programmes for the toddlers. One of the advantages for starting early English lessons for the younger children is to be mentioned in paragraph (2).   

 

(2)思春期前に英語を習得し始めると、英語の発音やアクセントはネイティブ・スピーカーのようになる。成人の場合、ネイティブ・スピーカー並になる人もいるが、多少の訛りが残ってしまう。

(2) If you start learning English before the onset of puberty, you can naturally acquire authentic English accent and pronunciation. For the adult learners of English who started learning English after the onset of puberty, with a few exceptions, the majority of them never achieve native-speaker like accent or pronunciation.

 1 個人的には、EFL(「外国語としての英語 ’English as a Foreign Language’)として、英語を学ぶ人が圧倒的に多い日本人の場合、発音に必要以上に神経質になることはないと思っています。もちろん、この発言=「カタカナ発音で良い」ということではありません。努力は必要ですが、完ぺき主義を目指すのは、時間とエネルギーの無駄だと思います。1  周囲から憎まれるかもしれませんが、個人的には、「恐らく、今の日本の幼児英語教育のメリットは、発音やアクセントがネイティブ・スピーカー並みになるということだけ」と感じています。1 思春期以降に英語を勉強し始めても、発音やアクセントはかなりいい線まで上達させることは可能です。完ぺき主義の人には申し訳ありませんが、思春期以降に英語を学習し始めた場合、一部の例外を除いて、ほぼネイティブ・スピーカー並の発音に達することはありません。でも、私は、大部分の日本人にとって、コミュニケーションが可能な範囲の英語発音であれば、一向に構わないと思います。

 1 Personally, I feel that there is no reason to become excessively obsessed with the authenticity of one’s English accent and pronunciation as the majority of English learners based in Japan are probably acquiring English as ‘English as a Foreign Language (EFL)’. Of course, here don’t get me wrong: I am not saying that using katakana-hatsuon, ie. English pronunciation based on the pronunciation of the original English word transcribed in Japanese, is a way to go and acceptable. What I am saying is that it would be a waste of time and energy for the majority of English learners based in Japan to aim to acquire ‘impeccable’ English accent and pronunciation just for the sake of it. 1  I may well be highly criticized by making the following comment, but here we go: perhaps the only noticeable advantage of giving early English education to toddlers or very young learners in Japan is that they are all going to acquire native-speaker like accent and pronunciation. 1 It is quite possible to acquire the accent and pronunciation of English that are almost compatible to those of native speakers of English even after the onset of puberty or later in life. I am sorry to break the following news to those learners of English in Japan who are ‘perfectionist’: obviously, you never acquire native-speaker like accent and pronunciation after the onset of puberty (of course, there is always an exception to this!). I believe as long as your accent and pronunciation are intelligible enough to maintain the communication in English, that is all that matters.    

 

(3)成人の場合、文法や構文、発音などに関する規則を明示的な形で学習すると、ネイティブ・スピーカー並みの英語運用能力を身に付ける事ができる。

 (3) Adult English learners can attain near native-speaker like English proficiency through explicit learning of English pronunciation, grammar and syntax. 

1英会話スクール、学校、塾、大学の講義、個人レッスン、どのような形態をとっても構いませんが、成人の場合、英語を明示的に学習する必要があります。幼児期の子供と違い、大人の場合、英語環境で生活していれば「自然に」英語を身に付くということはありません。もちろん、成人の英語学習においても、「学習および理解した」単語や構文などのインプット、つまり「英語のシャワー」は必要です。そこを勘違いしないで下さい。大人の場合、こうした努力を地道に続けていく以外に、応用力の付く形で英語を身に付ける方法はありません。 

1 Be it through using English language schools, educational institutions, test-coaching schools, university lectures or private lessons, adult learners of English after the onset of puberty have to learn explicitly English pronunciation, grammar and syntax by making use of one of the afore-mentioned learning forms. Unlike very young children, adults cannot acquire English naturally by simply immersing themselves in the English-speaking environment. This is not to say that adult learners of English do not need any immersion programmes. For adult learners of English, they need more ‘controlled’ immersion programmes, that is to say, they need to have a constant input of English by native speakers where the learners are ideally exposed to the words and structures they are already familiar with. Such English input (in Japanese it is often called ‘English Shower’) is absolutely necessary; so, do not get me wrong here. As some of you may have already noticed, making a steady efforts over a long period of time is a ‘MUST’ for adult learners of English. Believe me, there is no such thing as a short-cut for acquiring English or any other foreign languages!

(4)年長学習者の場合、英語の上達具合には、「動機」が強く関っている。また、若年学習者と比べて、年長学習者は、「完璧主義」の人が多く、外国語を話したり、書いたりする際に、ミスを犯すことを極端に恐れている。

(4) For older learners of English, motivation will have a significant impact on the language attainment.  Compared with younger learners, older learners tend to be ‘perfectionist’, and are afraid of making mistakes when speaking or writing in a foreign language.

1日々地道な英語学習の努力を続けていくには、強い動機または目標が必要です。論文でもこの必要性が説かれています。いくつかの研究からも、成人における英語学習動機の必要性が裏付けられています。ですから、このブログを読まれている「思春期以降」の年齢層に属する皆さん、なぜEFLとして英語をマスターしたいのか、はっきりさせる必要があります。この土台が貧弱だと、英語学習を持続することは難しくなります。1無邪気な子供と違い、大人は周囲の目を気にして行動しています。これは、分別のある大人であれば当然な振る舞いなのですが、英語学習においては、こうした「不安感」が邪魔になります。英語を話したり、書いたりする際は、「外国語としての英語なのだから、どんどんミスを犯すことで、英語を内在化する」と思ってください。1大人の場合、ミスを犯すことを恐れて、「じっくり考えて」発言しようとする人が圧倒的に多いのですが、会話はある程度のテンポとスピードを要求されますから、結局考えている間に「話題が次に行ってしまった!」ということになりやすいのです。キーワードだけでも良いから、何かを言ってみて下さい。そうすれば、相手が必ずフォローしてくれます。これは、教室のスピーキングの授業でも同じ。完全な文章が出てこなかったら、キーワードを先生に返してみると良いでしょう。ちゃんと、先生が言い換えてくれたり、質問をしてきたりして、会話が成立するように配慮してくれますから。一番いけないのが、英語の発言を考えている間中、だまって先生の顔を見たまま何も言わないことです。1話が逸れますが、英語のコミュニケーションの場合、相手の沈黙が数秒でも続くと、相手に不安感や不快感を与えることが分かっています。日本語の場合、許容範囲の沈黙時間の長さは、英語よりすっと長いので、日本語が母国語の場合、英語を喋っているときの「沈黙」の長さに注意する必要があります。まあ、これは、非言語的部分なので、必要以上に神経質にならなくて良いと思いますが、自覚しておくべきでしょう。1強い学習動機や目標を設定する場合、「一時的な動機や目標」を設定しないでください。良くあるのが、「取りあえず大学入試や進学のため」とか、「取りあえず就職のため」とか、「取りあえず留学のため」とかという理由です。こうした動機や目標では、「取りあえず症候群」なので、恐らく「途中目標」が達成されると、英語学習がないがしろになりがちです。1「英語で何をやりたいの?」という質問に具体的に答えられる人は、大丈夫です。「最終目標」がしっかりしているので、生涯英語を学習し続ける習慣を身に付ける事ができます。これがしっかりしていない人は、悲劇です。周囲の人の意見や、時代の流行に振り回されて、英語学習熱が短期的に急上昇したり、ちょっとした失敗で、急降下したりする恐れが大いにあります。1ちょっと厳しいことを言ったかもしれませんが、皆さんの今後の人生においても、前述の「取りあえず症候群」の話は、いろいろな所で役に立つと思うので、あえて苦言を呈しました。

You need to have strong motivation or aim to keep on making a steady effort to improve your English. The article also emphasizes the importance of strong motivation for older learners.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: