Protected: 看護1年(5月19日)講義感想(コミュニケーションとしての英語力とは?)

This content is password protected. To view it please enter your password below:

Advertisements

胃がんの罹患リスクとDNA配列との関係 (The risk of becoming stomach cancer and DNA sequence)

2008年5月19日(Yomiuri Shinbun)によると、DNAの並び方に1か所違いがあると、胃がんになる危険性が約4倍高まるそうです。今回の発見は、国立がんセンターの吉田輝彦部長らの研究によって明らかにされました。本日付の「ネイチャー・ジェネティクス」の電子版に掲載されるそうです。

 A medical team led by Dr Teruhiko Yoshida, the Chief at National Cancer Center in Japan, has revealed that compared with a healthy person, the risk of being affected with stomach cancer increases four times in people with an altered base sequence in the specific site. The article is going to be availabe in the electronic edition of ‘Nature Genetics’ today.