雷が「ごろごろ鳴る」を英語で言うと?

昨夜から早朝にかけて、雷雨がありました。土砂降りの雨と雷の音で目覚めた人もいるのではないでしょうか。さて、日本語だと、雷は「ごろごろ」鳴るということになっています。擬音語として定着しているこの表現を英語では、動詞で表現します。英語の場合、コロケーションとしては、雷=to roll のイメージが定着しています。ですから、「昨夜、遠くで雷がごろごろ鳴っていたのを聴いた」は、’Last night, I heard thunder rolling in the distance.’ とか言うと良いでしょう。

このポストの表題を英語で表現するとしたら、’Thunder rolls’ となります。

それでは、雷が近くで鳴ったときは、どうでしょう。近くに落雷すると、雷の音がこだましないので、「ごろごろ」という音ではなく、「バリバリ、ドーン」といった音がしますよね。この場合、’There was a clap of thunder nearby.’ などの表現が使えます。

ちなみに、「稲光」は ‘lightning’ と言います。つまり、英語では「雷の音」=’thunder’、稲光=’lightning’ と区別して捉えています。日本語と意味範疇が異なるので、気を付けて下さい。

ちょっとした、天気の話でした。

About these ads

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

%d bloggers like this: